取引先担当者とファイル共有が可能になり、大容量ファイルの共有も実現することを可能にします。
簡単な操作でモバイルデバイスでも閲覧可能なため、現場でも資料の確認が可能になります。